2010年3月31日水曜日

興味深いお話(No.5)

当スクールの講師の一人、ムハマドはシリア出身です。
奥さんは高校の先生で、クエートに住まわれています。まだ新婚カップルなのに、年に2回ほどしか会えないのが気の毒です。
先週、久しぶりにクエートの奥様に会いに行ったムハマドとの会話です。
話題は「民主主義」まで及びました!

私)イラクはどうだった?

ムハマド)イラク? 私が行ってきたのは、クエートですよ!

私) アッ、そうだったよね!どうも、あの当たりの国々は紛らわしくて...
   で、クエートはどうだったの? 危険じゃなかった?


ムハマド)全く大丈夫でしたよ。近隣諸国との問題は相変わらず口論が絶えない状況ですが、
爆弾は飛んで来てませんから、平和な感じですよ。

私)そうなの?! それに比べたら、日本は平和だなと思うでしょう?

ムハマド)それが時々、日本は平和すぎて物足りない感じがするんですよ。

私)えー、そう?! 物足りない感じがするの! ムハマドはシリア出身だけど、確かレバノンと色々あるんでしょう?

ムハマド) そうです。元は同じ国だったんですけどね。

私)えー、同じひとつの国だったの?

ムハマド)そうですよ。でも、簡単に言うと、イギリスが中心になって、シリアを分離させて欧米型民主主義の国を作りたかったようなんです。
     でも、途中でうまく行かなくなったみたいです。


私)そうだったの。日本もアメリカが民主主義にしてくれたようなものよ。

ムハマド)それは知っていますが、日本は本当に民主主義の国なのですか?
     だって、50年も同じ政党が政権を握ってたんでしょう? とても民主主義とは思えませんよ。


私)他のある外国人からも、「日本は社会制民主主義だ」とか何とか、言われた事があるよ。
  自分で勝ち取ったのではなくて、プレゼントされたものだから、意識が薄いのは仕方ないよね。


ムハマド)そうですね。でも、シリアも一緒で、国の制度は民主主義だけど、日常レベルでは全然違います。だから、私も日本の状況は良く理解できますし、批判もできません...

2010年3月30日火曜日

立志式での生徒感想文




突然、分厚い封筒が送られて来た。


開封してみると、先日の「立志式」での私のトークに関する、生徒達の感想文であった。




自分のメッセージが、中学2年生にきちんと伝わったかどうか、あれからずーっと気になっていたので、


一気に読み上げてしまった。


自分の言葉が純粋な心にどう響き、どう残ったのか...


感想文を読んで、「私の伝えたい事をよくぞここまで汲んでくれた」と、逆にこちらから御礼を言いたくなってしまった。


120枚の紙は120人の未来への希望、夢、決意を載せて、私の手の中でずっしりと重く、しかし


躍動していた。



*感想文の例


「(略こうして学校にも行けて、怪我をした時は病院にも行けます。でも、バングラデシュの人達は、私の普通が普通ではなく、大変だと思いました。でも、先生が見せてくれた写真では、子供達がすごくいい出顔で笑ってました。どこの世界や国でも、笑顔は大事だと思いました。」

「外国、特にヨーロッパで日本の伝統文化が見直されていて、人気があると聞いてびっくりしました。送料3000円をかけて1000円の着物を日本から買っている、イギリス人女性は本当に私達の日本の着物が好きなんだなぁと思いました」

「これからの人生で自分達が外国へ行く機会も少しあるかと思います。その時に外国人の方が日本に詳しいと言う事がないように、日本の文化をもっと勉強した方が良いと思いました」

「先生が言われた、Your future is up to you.(あなたの未来はあなた次第)、Imagination(想像力), courage(勇気), Some mony(いくらかのお金),を頭の片隅に取っておいて、これからの人生で少しずつ思い出して頑張りたいと思います。」