2010年4月11日日曜日

春の私の一番の楽しみは、この古い納屋の壁一面に這わせたモッコウバラが、満開になる時である。
今年は昨年よりも、高い場所まで這わせて迫力満点...のはずだったんですが、先日の強風で上端部が倒れてしまった。
涙を呑んで、枝をカット。黄色い花の部分がその分、低くなり残念極まりないが、それでもやはり素晴らしい!
前の道路を通る人達も、足を止めて見入ったりしてくれる。
当たりはバラの香りが一杯で、それだけでも幸福感をもたらしてくれる。

                 本当は、もっと上部まで這っているはずでした
              
            香りも満点!


          もうひとつの納屋にも、「瞑想スペースwithバラ」を作りました


            でも、この椅子に座って瞑想する時間はまだ持ててない私なのです