2011年2月6日日曜日

土蔵の中からこんな物が…

今日は久しぶりに庭仕事が出来た、寒さの緩んだ日曜日でした。
道具を置きに入った蔵の中で、ちょっと物色をしてみました。
(これが私の密かな楽しみのひとつなんです)
するとゴミをかぶった段ボール箱の中から、こんな立派な手桶が出てきたではありませんか!
まだ比較的に新しく、あまり使ってなかったようです。
こんな古い道具の魅力は、立派な職人技が見られ、またこの道具を使っていたであろうこの家の人達(昔は使用人が結構いたそうですから、使用人かも)の手の温もりが伝わって来るような感じがするところです。
「この桶はあそこに置いて、これは傘入れにして…」とアイデアを膨らませるのも、本当に楽しいものですよ。

             3つも出てきました。
            向こうの大きい物も魅力的です。
           一体何に使ってたのでしょう?

         こんな風に、すっぽりと重ねて収容できるように
         作ってあるのも感心です。
         蓋もきちんとかぶさるようになっています。






0 件のコメント: