2011年7月23日土曜日

お茶を楽しむ

「あなたの命は後3ヶ月」との宣告を受けたTさんは、諦めることなく努力を積み重ねられ、見事カムバックされました。
貴重な体験談を伺うべく、カジュアルスタイルのお茶会をWさんが企画されました。
私もお抹茶をいただくのは久しぶりでしたので、浴衣を着て臨みました。
非日常の時間へと即座に導いてくれる茶道をまた見直す事になりました。
またTさんの迫力あふれるお話に、我を忘れて聞き入ったひと時でもありました。










2011年7月18日月曜日

Good bye, the sudents from Asia

熊大サマープログラムの留学生との「送別会」が、「熊大工学部百周年記念館」で行なわれた。
日本語学習、日本文化体験、ホームビジット、観光とぎっしり詰まった10日間で、どんな事を感じ取ったであろうか。
この訪問が彼等にどんな扉を開くのか、いずれにしても幸運を祈りたい。





            まるでホテルのような雰囲気だった。







私の家を訪問した中国人お二人と、もう一人の中国人(浴衣姿)と最後の一枚。この浴衣一式は、本人が買い求めたそうである。

帯も下駄もセットだったようで、花を散りばめたデザインが気に入った様子であった。




















































フジコbヘミング コンサート

フジコ ヘミングの演奏する、リストの「ラ カンパネラ」を聞いて以来、すっかり
心奪われてしまった私です。
「いつかは彼女のコンサートに行って、生演奏を聞きたい!」と、ずっと思っていた私の夢が叶いました。
福岡まで来たのです!
おりしも、「2枚切符割引」の新幹線で、往復4000円と破格値で、福岡までの快適な旅もゲットできました。
同行したKさんも、「海の中道」やショッピングも楽しめて、本当に喜んだ一日でした。