2011年11月25日金曜日

ローズ

先日、清和にある「ロンド美術館」と言う山合の私設美術館で行われた、小さなコンサートに出かけた。waltzと言う2人組のコンサートだったが、爽やかで風が吹き渡るような歌声に、あいにくの雨空も心の中では晴れ渡るような感じであった。
数々のヒット曲が上手にカバーされたが、その中で特に心に残った歌はこれである。
「THE ROZE」…日本名では「ローズ」。
今まで何度も耳にした歌で大好きな曲であったが、今回はじっくりと聞くことができて、改めてその詩に深いものが隠されているのに気がついた。
色々と調べてみると、何とこれは「THE ROSE」と言う映画の主題曲だったのだ。
ベトナム戦時中の60年代、アメリカを舞台に、酒と麻薬に溺れながらも歌いつづけた女性ロック・シンガー「ローズ」の愛と激情の人生を描いている映画だそうだ。
私もいつか是非ともこの映画を見たいと思っている。
ではその素晴らしい詩をみなさまに贈ります。





The Roseの歌詞(訳を付けてみました)
作詞(作曲):Amanda McBroom

Some say love it is a river
愛は川だという人がいる

That drowns the tender reed
柔らかな葦を引き込んでしまう川だと

Some say love it is a razor
愛はカミソリだという人がいる

That leaves your soul to bleed
魂を傷つけ血を流すカミソリだと

Some say love it is a hunger
愛は飢えだという人がいる

And endless aching need
満たされることがなく苦しい渇望だと

I say love it is a flower
私は愛は花だと思う

And you its only seed
そしてあなたはその唯一の種

It's the heart afraid of breaking

傷つき壊れるのを恐れていたら
That never learns to dance

ダンスの楽しみを覚えることはできない
It's the dream afraid of waking

夢が覚めるのを恐れていては
That never takes the chance

チャンスを掴むことはできない
It's the one who won't be taken,

与えられることはないだろう
Who cannot seem to give

与えることのできない人は
And the soul afraid of dying


死を恐れていては
That never learns to live.


生きることがどういうことか解らない




When the night has been too lonely
あまりにも寂しい夜が続くとき

And the road has been too long
そして、道があまりにも長すぎるとき

And you think that love is only
そして、愛は幸運で強い人だけが

For the lucky and the strong
持てるものだと思ったとき

Just remember in the winter
思い出して欲しい、冬の間の

Far beneath the bitter snows
冷たい雪のずっと下では

Lies the seed that with the sun's love
種が横たわっていて、太陽の愛を浴びると

In the spring becomes the rose
それは春には薔薇になるということを

(U tube でこの歌をお聞きください)

video

ひとり芝居

私の行きつけの歯医者さんは、この中嶋淳一氏の熱心なコレクターなのです。
待合室にはこのアーティストの作品が、程よくディスプレイされています。
この中島アーティストは本当に多才な方で、「一人芝居」も自作自演されるのです。行きつけの歯医者さん所有のギャラリーでも、時々公演が催されます。
私も毎回御招待いただきますが、これがまたユニーク&味わい深い作品なのです。今回は「リア王」で初演だとか…さらに楽しみが増しているところです。
その後、ディナーパーティがあるんですが、歯医者の先生の用意されるお酒は
特上品ばかり!
私としては、これも大いに魅力があります。そのパーティには中島アーティストも
参加され、自由にお話もできるんですが、いつもちょっとこわばってしまう私です。
(*´∀`*)