2012年11月25日日曜日

Farewell、ホルヘ先生

私の英語スクールで英語・スペイン語の講師として勤めてくださいました、ホルヘ先生が
北海道の大学に赴任されることになりましたので、関係者だけでお別れ会をしました。

ご自慢の一品持ち寄りでしたが、テーブルの上はバラエティに富んだご馳走が所狭しと
並びました。

ハンサムで誠実なホルヘ先生は、きっと北海道でも女性に人気があることでしょう。




Sさんお手製のキッシュは、この上ないまろやかな美味しさでした。


  各人の英語学習の向こうにある夢を確かめ合った、ひと時でもありました。



おいしいランチに舌鼓を打った後は、ポカポカと暖かい縁側で百人一首を楽しみました。

日本語の得意なホルヘ先生も、かなり奮闘されていました。

「八重葎しげれる 宿のさびしさに
人こそ見えね 秋は来にけり」



0 件のコメント: