2014年1月5日日曜日

レトロな火鉢

「炭を燃やす匂いが人気が出ている」との情報を小耳に挟みました。
そこで、蔵の中に眠っていた小火鉢を持ち出し、きれいに掃除して炭をおこしてみました。
たちまち部屋中に、何とも言えない懐かしい香りが漂い出し、心も微妙に落ち着いて来るのです。

火の臭いに心落ち着くのは、ひょっしたら人類本来のDNAなのかもしれませんね。

その火鉢に鉄瓶もかけて、お茶も楽しむことにしました。
本格的な茶道用のを所有していましたので、30年ぶりに引っ張り出し使うことになりました。

お湯が沸いた時の、本格的な鉄瓶が醸し出す音はさすがです。
かすかな鈴の音の様な音がそこはかとなく聞こえてきます。

おかげで、幽玄のひと時を楽しむこの頃です



0 件のコメント: