2014年4月7日月曜日

この本は良かった~NO.7 「宮本武蔵の「五輪書」が面白いほどわかる本



先日の午後、何気なくテレビをつけると、昔の映画「宮本武蔵」があってました。
主演は中村萬之助で、セリフがなかなか示唆に飛んでいて、演技力は抜群で、すっかり見入ってしまいました。
それで、かの有名な「五輪書」を読んでみたくなって、この本に興味を惹かれました。

とても解りやすく、また武蔵が生涯の締めくくりとして書いた本だけに、迫力と説得力があり、
とても勉強になりました。

例えば、真剣と大工の鑿(のみ)で勝負して勝った武蔵は、技量のみならず、道具の管理と大事さを説いています。

「なるほど」と開眼してくれる本です。





0 件のコメント: