2011年7月7日木曜日

学園大学の講義に参加

ありがたいことに、今年もまた学園大学の守弘先生の「生活と福祉情報」の講義に御招待いただいた。
今回は熊本シニアネット会員と学生さんたちとの交流タイムもあるそうで、今から楽しみである。
私はもちろん、「KSN国際交流クラブ」の活動を紹介する役目である。
いつの頃からか、話の最後に学生さん達に、私の好きな英語の言葉を贈るようになってきた。
今年はこれを贈りたい。

     Be Yourself.
(自分自身であれ、自分を信じよう)

これは、イギリスのウイリアム王子と結婚したケイトの母親が、子供達によく言った言葉だそうである。
人の思惑に流されて、自分を見失う事も多々あるこの世の中である。ましてや
幼い頃から横並びの発想の中で育つ日本人は、特にその傾向が強い。
しかし、個性を重要視されるのが今からのグローバル社会である。これからの
若者には、この言葉のように自分の「内なる声」に静かに耳を傾けて、
Yourself を見つけて行って欲しいと願う。

0 件のコメント: