2012年9月30日日曜日

フォト575 9月の作品





「 折れてなお 花咲かす道 あると知る 」

プランターをよけると、その下には無残にも踏みつけられた様な

状態の彼岸花の芽がありました。
どうしようもなくそのままにしておきましたが、それから10日ぐらいは経っていたでしょうか。
僅かにつながっっている茎から養分を撮り、見事な花を咲かせていました。
この逞しさ、学ぶべし! 







  「生与え 生獲りつむぎ 今生きる」


ある朝、庭に出てみると大きなカマキリが、蛾を捉えて食べていました。
まさにおいしい朝御飯ですね。
アッという間に食べ終わり、満足そうな顔をしたカマキリは
まどろんでいるように見えました。
残酷ですが、これが自然の摂理ですよね。

0 件のコメント: