2014年1月26日日曜日

この本は良かった~ No.5

TVドラマで放送されている、「紙の月」の原作です。
ある専業主婦が、銀行のパートを始めたのがきっかけで、1億円の横領をしてしまうストーリーです。
もちろん背後に若い男ありです(´∀`)
でも、ただ単にその男に貢ぐためだけに横領したのではなく、「大金を持った自分は何でも、自由にできる」、その感覚の虜になったのです。
面白いのは、横領したお金で一流ホテルのスイートルームに何度も、その若い男と泊まるのですが、そのうちにその豪奢な生活も日常になってしまうと、飽きていくのです。
そして、結局はマンションを借りて、そこに男を住まわせ、自分の手料理を食べさせるのに喜びを感じるのです。
それは、自分の夫にしてあげていることと同じことなのに・・・・

何事もお金に支配されている現代社会、その谷間に巣くう闇と女性心理を描いていて、
なかなか面白かったです。








0 件のコメント: