2017年8月18日金曜日

アラスカ 風の物語

久留米の石橋美術館で開催中の「星野道夫」の写真展に出かけて来ました。
実は、アラスカの自然と動物の写真に全生涯をかけた写真家、「星野道夫」には特別な思い出があるんです。

それは、2000年の夏でした。

「ニューヨーク 世界女性会議」に、幸運にも通訳の仕事を得て参加出来た私は、女性会議が終わった後に、アラスカのアンカレッジに移住したアメリカ人夫妻を訪ねたのでした。
ある日、友人の旦那さんが言ったのです。

「美術館には行ったほうがいいよ。あそこには星野道夫の業績を讃えた、特設コーナーがあるよ。星野道夫を知ってる?」
「知らない」と答えた私に、彼は詳しく説明してくれました。

日本人でアラスカに魅せられ、自然と動物の写真を撮り続けた事、インディアンの事、アラスカの事を誰よりも深く愛し、理解していたこと、、、、しかし、1996年に44歳の若さでヒグマの事故で亡くなった事など、など。

すっかり興味を持った私は、翌日一人で美術館に出かけて行きました。
そして、彼の日本的な美意識に溢れ、生命の躍動、アラスカの広大な自然のパワーが伝わって来る数枚の写真に、深く、深く感動したのでした。

その時以来、写真家「星野道夫」の大ファンなのです。
今回の石橋美術館では、約250点もの写真が展示されていました。

写真を見ていると、広大なアラスカの自然にすっぽり囲まれたみたいで、懐かしい感じがしました。

お盆休みの素晴らしい思い出となりました。
傑作写真をちょっと紹介します




素晴らしいガーデンに囲まれた美術館もさすがでした





星野道夫さんとツーショット!(・∀・)♪+.゚



   折しも、池には純白の蓮の花が咲いていました。美しい写真で、私達に自然の奥深さ、素晴らしさを伝えてくれた星野道夫氏に献花したいです

2017年8月17日木曜日

万年山と伐株山


お盆休みを楽しむべく、大分県の玖珠町にハイキングに行って来ました。
今回のハイキングは主に遊歩道を歩くイージーコースでしたが、やはり頂上に
着くまでにはかなりの距離があり、階段や坂道を登ったりしました。

頂上には涼しくて爽やかな秋風が吹き渡り、玉の汗を吹き飛ばしてくれました。

美味しいお弁当、気持ち良い宝前寺温泉、楽しいおしゃべりと、
ストレスが取れた楽しい一日でした。


まるでイギリスのカントリーを歩いているみたい

 
秋風が吹き渡っていた、テーブル型の頂上



 伐株山の登山口には、古いお地蔵さまが並んでいる

 
頂上にあったお地蔵様  昔は頂上には山城と修行寺があったそうだ。






2017年7月14日金曜日

学園大でのクラブ紹介

熊本学園大学の社会福祉学部のM教授のお招きで、シニアネット紹介と私の国際交流クラブ紹介に行って来ました。
パワーポイントで、色々工夫してスライドを作って行きましたが、居眠りしている生徒も
いたりして、反応がいまいちでした。

でも、シリア出身のMさんとの交流や、アフリカ出身の国境なき医師団のIさんとの
交流の様子も伝えましたので、何か心に残ったかもですね。

それにしても、私もあんなに若い時期があったのかな?
これからの時間を大切に、冒険をドンドンやって悔いなく生きてもらいたいです!





2017年7月9日日曜日

「世界を知ろうミニ講座シリーズ」も第35回を迎えました。
今回はエジプト出身のアハメドさんをお迎えして、「知らなかった エジプトの歴史」と題してお話しいただきました。今分かっているだけでも、6000年から5000年の古い歴史を誇るエジプト、、、その背景には多くの国による支配がありました。しかし、それ故の文化の多様性そして民族の交流がありました。
また観光地としては、今もなお世界中の人達の心をつかんで止みません。
とても分かりやすく、自国への愛情ほとばしるアハメドさんのお話しには、会場から惜しみない温かい
拍手が送られました。
                       会場は溢れんばかり

マケドニアのアレキサンダー大王に征服されて以来、約2000年間はローマやイスラム、イギリスの支配を受けて来たエジプトでした。エジプト人によるエジプトが誕生したのは、1952年とのことでした。
エジプトは2つの大陸にまたがっています

御興味のあられる方はこちらもどうぞ→http://kokusai.ksnweb.org/

2017年7月5日水曜日

お米が当たった (*_*)

いきなり「お米」が7キロも送られて来ました。
「何かに応募したかなー?」と思いつつ、送り状を見てみると、何と宮崎県小林市からの贈り物でした!
昨年のふるさと納税者の中から抽選で「8位」の賞品が当たったのでした。

思い出せば、昨年の12月に、節税のためギリギリで「ふるさと納税」をしたのでした。
どこに納税するかさんざん迷いましたが、島根県とタイアップして「海の物、山の物」を組み合わせた返礼品がある小林市にしたのです。
島根からは、ワイン2本とズワイガニ5はい、小林市からは
牛肉の詰め合わせと手作りチーズセットでした。

今回は思いがけない賞品でしたが、なかなか気に入りました。
今年も小林市に納税しようかなーー


2017年6月23日金曜日

お気軽にお抹茶を (⌒∇⌒)

心配された雨もどうにか降らずにいてくれた、梅雨間の午後となりました。
そんなひと時を、熊本市の「白川公園茶室」で、お気軽にお抹茶をいただく会を催すことができました。
シニアネットの有志3人での企画でしたが、15名もの方々に御参加いただいて、にぎやかなお茶会となりました。

        裏庭からの茶室と庭のようす。 苔むす庭に静かな時間が流れている


 畳を敷いた長い回り縁もすてき!        紗の着物でI am pleased.


数奇と詫びの世界は、やはり日本人の心のふるさと。

お庭には有明海をイメージした白砂が敷き詰めてある




         風呂先に、菓子皿に、お干菓子に・・・細かく用意いただきました
        Yさん、ハッスルしてます(⌒∇⌒)


 シニアネットの楽しい仲間が集まりました。お世話代表のWさん、自転車での道具運び
本当にお疲れさまでした!
また、裏方をお手伝いいただきましたYOさん、とても助かりました!

次回はたぶん秋に、詫び寂びの世界を味わうことになるでしょう。
日本文化の宝とも言える茶道です・・・自分スタイルで楽しむことが大事のようですね。

新車がやって来た


「今度の車は何にしょうかなー TWO SEATS にしようかなー」と、色々考えた結果、
またハズバンドの意見も参考にして決まったのが、トヨタのAQUAでした。
それもX-URBANとか言って、都会的センスなハイブリッドかつハイテクな車です。

メタリックグリーンが気に入りました。
ハンドルも小まめで、Bluetoothとコネクトできるし、とっても気に入ってます。
新カーライフに乾杯! Cheers !!



2017年6月18日日曜日

紗の着物


1私が1枚だけ持っている夏の着物です。
濃紺に赤いキキョウのような花の刺繡がしてあります。
なかなか着る機会はありませんが、今日は白川教会である、パイプオルガンコンサートに行って来ました。
日本の夏の着物は、自分はさておき、見る人が涼しさを感じ取れるようになっています。
さすが日本文化は、己を抑えることから始まるんですねー

いつもは英語の世界なので、こんなところに魅力を感じるのもおかしなものです。

でも、今日はあまり暑くなくて、助かりました(・∀・)♪+.゚


ウイーンのある教会で聴いて以来、すっかりパイプオルガンの
ファンになりました。


2017年6月13日火曜日

「不安な個人 立ちすくむ国家」~経産省若手の異例な報告書

今日の朝日新聞に載ってましたが、SNSで一気に拡散した注目の報告書があるそうです。


ネットで何と120万人以上がダウンロードしたそうで、さっそく私もダウンロードして

目を通してみました。

「とっても面白い!」 です。

「昭和の人生すごろく」では、平成以降の社会は立ち行かないーーそんな問題意識がベースになっていますが、
報告書を作成したのは、何と経産省の20代~30代の若手職員30人で、昨年の8月から議論を重ねて
作成したものだそうです。

そんな問題意識を持った官僚もいるんですねー!

特に鋭い切込みとなっているのは、

「正社員男性と専業主婦家庭で定年後は年金暮らし」という「昭和の人生すごろく」が

今も前提となっていて、
それが「現役世代に極端に冷たい社会」になっている。そして、そのしわ寄せが子供に向かっている、

という指摘です。

こんな若手官僚が育って行ったら、日本の官僚政治も変わっていくかも、ですね。

もう御存じの方も多いと思いますが、御興味のある方はこちらです


http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf

2017年6月12日月曜日

この本は良かった!「自分を見つめる もう一人の自分」


初めて「柳田 邦男」の本を読んで、感動しました。
一つ、一つの言葉が静かに心に語りかけます、心に届きます。

図書館から借りて読みましたが、とても良いので購入してマイ本棚に
置こうと思ってます