2017年5月12日金曜日

米寿祝

嫁いで来た時はまだ20歳の、うら若き乙女だった母もこんなに年老いてしまいました。
でも、まだ歩けるし、頭もまーまーで、耳などは私の夫より聞こえます(⌒∇⌒)
米寿を身内でお祝いしてあげました。
ある料亭でお祝いしましたが、ケーキタイムではピアノの誕生祝い曲を流してくれるなど、なかなかの心使いで母もとても喜んでました。

私も下手な短歌を白扇に書いてあげたりしましたが、意味はいまいち伝わらなかったみたいです。

石を踏み花を愛でつつ歩みけり
   米寿の旭日来し道照らす

    今度は卒寿のお祝いをしようねー!




2017年5月6日土曜日

さくら花もち


先週の日曜日に亡き義母の1周忌をしました。
そこで、手作りのお菓子をだそうと、夫がハッスルして「さくら花もち」を作りました。
餡は珍しく私が作りました!
出来栄えは上々で、お客様達も喜んで召し上がられました。


2017年4月27日木曜日

弟の還暦祝い

弟も還暦となり、会社も退職だそうです。今後は嘱託で同じ会社で働くとのことです。
それで、兄たちとも相談して、お祝い会をすることになりました。
私からのプレゼントはこれでーす。オリジナルのデザインをプリントアウトしました。
なかなかの出来栄えで、夫も「俺にも作ってくれ!」と言っています。
きっと兄も同じことを言うでしょう。(・∀・)♪+.゚

でも、これけっこう難しいんです。
反転して印刷する時に一度失敗して、用紙が無駄になりました!
また、「今度は大丈夫!」と思っていたら、プリントが終わる直前で、プリンターの
電源がアウトになりました!
ちょっと文字が欠けたけど、何とかできあ上がりました。

弟は喜んでくれるかなー、けっこう照れ屋だから、リアクションは期待できそうにないですね。(o^―^o)ニコ


英語は”Life starts at 60.  Wishing you an exciting life on your second stage."
と書いてあります。

私の好きな言葉です。
確かに60歳は大きな節目ですもの。



お花を飾って、WOW!  Nice present !!

2017年3月31日金曜日

ウイーンにミニロングステイ




3月8日から2週間ほど、オーストリアに滞在して来ました。
モーツアルト、ベートーベン、ハイドン、ゲーテ、
サウンド オブ ミュージック、マリアテレジア、
エリザベート、マリーアントワネット・・・

歴史的な人の枚挙にいとまはありません。

そんな歴史的な地での私達シニア女性4人の旅ストーリー
をフォトストーリーに仕上げました。
BGMに使っているCDは、モーツアルト生誕の地ザルツブルグで買ってきたものです。
聞こえてくるバイオリン、フォルテピアノはモーツアルトが所有して使っていたものを
現地の「モーツアルトの家」で演奏、録音されたものです。
もちろん演奏しているのはトッププロ!
演奏もお楽しみくださいませ

アドレス・・https://youtu.be/qQOHrEftk4I

2017年2月26日日曜日

かわいい!

今日は「西部町民センター祭」に行って来ました。
子供達と英語の発表をしてきたんです。
不用品バザーもあってて、この「塩、コショウ」の容器セットが気に入りました。
たぶんアメリカからやって来たものでしょう。
頭に穴があります。
さっそく今日から使いましょう(・∀・)♪+.゚

でも、これ、よく考えると、黒人奴隷制の時代を思わせるかな?
まー、日本だから、そんな考えは全く無く、「良し」としましょう。(o^―^o)ニコ



ふるさと納税

このおいしそうな「紅ズワイガニ」は、宮崎県小林市への
「ふるさと納税」の返礼品なのです。
小林市は石川県能都町とタイアップしていて、小林市からは
牧場直送の和牛ステーキ肉、能都町からはこの「紅ズワイガニ」のセットが送って来たんです!
さっそく食してみましたが、冷凍されてないカニの味は最高!!
こんな食感は初めてでした。
投資歴10余年の贈り物かな?


2017年2月19日日曜日

バレンタインチョコ

「ワー、きれい!」と、箱を開けた途端に感嘆の声をあげてしまいました。
英語スクールに通ってくれている、K君とA君兄弟のお母様から戴きました。
さすが、モロゾフだけあって繊細な美の饗宴です。

滑らかでほのかな甘さは、さすが日本の伝統か。
正直言って、GODIVAよりもずっと美味しいと感じました。

Thank you so much for your present !



新潟の食&長崎の食

Uさん宅からの御招待で、お食事会に出かけて行きました。
御主人の故郷は新潟、遠い所から御両親が「避寒」を兼ねて、熊本に来られていたんです。
お義母さまはプロ並みの料理の腕前だそうで、この日はお義父さまが畑で栽培された蕎麦が原料の、特製お蕎麦をいただきました。
「コシコシとした歯応え、香り、愛情の隠し味」と最高のお蕎麦でしたよ。
また、長崎からはUさんのお姉さま御夫婦も見えられ、特大の新鮮な牡蠣を山ほど持って来られました。
春の陽が惜しみなく降り注ぐお庭でバーベキューされた牡蠣は、プリプリ、プリプリ!!
運転のせいでお酒が飲めませんでしたが、そんな事は忘れさせるほどの極上ランチのひと時でした。
御招待ありがとうございました!
             ヒノキの香り漂う、こだわりの家

大きな牡蠣が炭火で焼かれ、パチン!

 
     口の中に海の香りが広がります

全て自家製の蕎麦は、お義母様の腕で極上のおいしさ   

他にパリッと揚がった天ぷら、新潟の山菜の煮物、・・・
WOW,WONDERFUL!!





春陽

身も凍えるような朝に撮った写真です
自然はしっかりと歩みを進め、一歩一歩春へ
美に包まれた至福の瞬間でした


2017年2月2日木曜日

「読者の欄」へ投稿


就任以後、次から次と大統領令を出すトランプ。
聞くところによると、”人々の注意を惹く事”が最大の関心事である性格らしい。

人々が驚き、避難し、狼狽する、そんな姿を見ることで幸福感を感じる傾向があるという。
そら恐ろしい話である。

改めて、「よくぞあんな人物を大統領に選んだものだ」と言いたくなる。

そんな大統領令のひとつに「オバマケアの撤廃」があるが、それで昨年出会った、ある若者の事を思い出した。

熊日の「読者の欄」に投稿したが、たくさんの人からの反響があり、嬉しかった。