2018年2月23日金曜日

子供英語講座の発表会


今年も発表会のシーズンがやって来ました。
ここ、菊陽町南部センターでも華やかに行われました。
でも、子供達の出演は、この「キッズイングリッシュ」だけなのです!
ステージに子供達が並んで登場するだけで、皆さん喜ばれます(・∀・)♪+.゚

英語での自己紹介や、お店やレストランでの会話、ペアを組んでの英語でのお話など、子供達はなかなか上手にできました。
おかげで、私もホッ!!
達成感を共に味わいました。






2018年2月21日水曜日

バラのアーチ


以前は地震の被害で歪んでしまった、古い小屋がありました。
その小屋が、町の復興事業で取り崩しになり、小屋の壁一面に茂っていた
モッコウバラが取り残されました。
そこで、、、
隣の教室の方向に向け直して、バラのアーチを作ることにしました!
農業用のビニールハウス パイプを使い見事な、大きなアーチができました。
手伝ってくださった、向かいの旦那様に感謝、感謝です(o^―^o)

グリーンに塗装したのは私ですが、思ったより大変な作業でした。

あとはアーチ一面にバラが這った様子を想像して、その日を待つだけ(´∀`*)

早く春になーれ!!

2018年2月12日月曜日

スーダンと言えば、自衛隊派遣で話題に上る国ですね。でも、北と南に分かれているのを御存知でしたか?

今回は「北スーダン」出身のスーリマンさんをお迎えして交流します。人々の生活や経済の様子、北と南に分断された事情など、色々と分かりやすくお話ししてくださいます。

また、お話しの後は、奥様の御協力で美しい伝統衣装を着てみることができますよ!
めったにないこの機会にぜひ、御参加くださいませ。

お待ちしております。

詳しくは→スーダンの集い







2018年2月8日木曜日



第32回の世界を知ろうミニ講座は、ノーベル平和賞 授賞式典のパブリックビューイングに招待された、工藤さん御夫妻をお招きして、授賞式の様子を中心にお話ししていただきました。
ある日、工藤さんに思いがけない手紙が届きました。
「ICANがノーベル平和賞を受賞しました! この受賞は被爆者の方達のこれまでの取り組みがあったからこそです。一緒にオスロへ行ってお祝いしましょう!!」
この知らせは、7歳の時に爆心地から3キロの自宅で被爆された工藤武子さんや、他の被爆者の方々にとって、どんなに福音だったことでしょう。と同時に、世界で唯一の被爆国の日本にとっても、福音であったはずです。
この知らせを受け、日本からの被爆者代表団30人のお一人として、工藤さんは御主人とオスロへと旅立たれました。 :-D 
その報告会を1月28日に行いました。その時の様子です。

もっと写真をご覧になりたい方はこちらをクリック→報告会




2018年1月8日月曜日


明日からが本格的なお仕事という方も多いことでしょう。
私もその一人(o^―^o) 張り切ってます

さて、国際交流クラブからの「2018年 新春スペシャル」企画のお知らせです。

長崎出身の工藤さんは、昨年オスロに行かれて
ICANの「ノーベル平和賞 受賞式典」にパブリック ビューイングという形で出席されて来られました。

工藤さんは、以前にピースボートに乗船され、世界各地で核兵器廃絶と世界平和を
アピールされて来られた経験もお持ちです。自身の辛い被爆経験がその原動力です。


今回は、その時の経験談、受賞式典の様子、オスロ観光の事などをお話ししていただきます。

新春を飾るに相応しいこの集いに、皆様ぜひともお足をお運びいただきますよう、
御案内させていただきます。  詳しくはこちら→http://kokusai.ksnweb.org/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★日時:1月21日(日) 午後2:00~3:30ぐらいまで

★場所:菊陽町中央公民館 (TEL:096-232-2116)
(菊陽町役場の正面にあります。広い駐車場があります)

★内容:①ノーベル平和賞の授賞式を見て来られた、工藤武子さんの報告
②茶話会

★参加費:300円

★予約が必要です

お申し込みはmilkeigo@nifty.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2017年12月23日土曜日

会報に載せていただきました

昨年まで所属していた、NPO法人「ワールドステイクラブ」の冬号会報に、私の旅エッセイを載せていただきました。それも、夏号からのシリーズで載せていただいたそうです。
夏号は、正直言って、目も通さずに処分してしまってるんです😢。
本当に光栄なことで、ビックリしました。

スリにあったり、予約していたマンションのチェックインがスムーズに行かなかったりと、ハプニングの多い旅でしたが、それだけに思い出がたくさん残っています。

私の旅エッセイ、ウイーン編「ハプニングもまた旅なり」に、もしも御興味のあられる方は、こちらをどうぞ→http://www25.tok2.com/home/milkeigo2/viennastory.pdf





2017年12月21日木曜日

クリスマス パーティ

先週の日曜日に、キッズ達とクリスマスパーティを楽しみました。
今年も「菊陽マジッククラブ」から、お二人のマジシャンをお迎えしまし、会場が盛り上がりました。
マジックを見つめる子供達の表情は、いつ見てもいいものですね(o^―^o)ニコ
マジックの後は、オリジナルなゲームを楽しみました。最も人気があったのは、アクティブな「クリスマスバスケット」で、やはり子供は体を動かすことが大好きなんだなー、と
再確認させられました。




2017年12月1日金曜日

高千穂オルレ

先日、高千穂オルレのハイキングに行ってきました。
オルレとは韓国語で「細い道をたどりながら我が家へ帰る」とかの意味があるそうです。
初めてのオルレでしたが、観光コースから離れた面白さがあって、すっかり気に入りました。
山中では、山頭火の句碑もあり、驚きと感動でした。
   
  分け入っても 分け入っても 青い山    
                     山頭火

また、どこかにオルレしたいです





山頭火の句碑が突然現れた



2017年11月27日月曜日

第31回 世界を知ろうミニ講座~フィリピンの伝統ダンス&トーク

11月26日に「フィリピンの伝統ダンス&トークの集い」を実施しました。
熊本大学院薬学部の博士課程で研究中のイエブさんの、祖国愛が溢れる歴史トークに感動しました。
フィリピンの歴史は、植民地の歴史と言っていいいほどなんですねー
そして、それには日本も汚点を残しています。
しかしながら、今ではお互いに重要な貿易相手国です。JAICAの援助も喜ばれています。
これからも交流を促進し、二度と悲しい時代が来ない様に願いたいものです。
詳しくはこちらです→http://kokusai.ksnweb.org/




2017年11月20日月曜日

尊敬する石橋先生と


幸運にも、熊本女子大(現 県立大)の教授をされていた、石橋敏郎先生とお話しする機会がありました。
先生は、私が卒業して数年後に女子大に来られていますのし、また、学部も違いますので、講義を受けることはありませんでした。
しかし、哲学性とユーモア性たっぷりのユニークな講演を
数多くの場でされてこられ、私も何度かお聴きする機会はありました。その度に先生の素晴らしさに感動していたんです。
でも、いつも遠くから拝見するだけでした。
今回は、あるセミナーの懇親会でお会いする機会があり、
勇気を出して話しかけてみました。
焼酎も手伝ってか、とてもお話しが弾み、すっかりお近づきになることができて、記念すべき日となりました。