2014年5月3日土曜日

フルーツが待ち遠しい


 3、4年前に植えた「成りもの」達に、やっとフルーツが期待できそうな今年の春です。
今年こそはがっかりさせないで・・・この気持ちは植物に伝わるとか。   I hope so !



何度も植え替えたために、まだ一度も実を結んだことのない「巨峰」です。やっと今年はブドウの
赤ちゃんが見えます (カワイイ!)



近くに行くと甘ーい香りが一杯です!キウイフルーツも今年は実を結んでくれるかな?



これはまだ植えて2年目のビワですが、確実にフルーツを提供してくれます。
葉っぱはもちろん、種も薬用酒を作って常飲してます。


古典に出てくる「橘の花」を思い出させてくれる、美しく、清楚で、上品な香りの温州みかん。

暮れなずむマイ ガーデンは、今日も生命のシンフォニーを静かに包む。

2014年4月28日月曜日

モズの雛が・・・

今年はなぜかモズがたくさん来る、マイガーデンです。
今朝も、睡蓮の鉢の近くにいるモズの雛を見つけました。

たぶん、初飛翔の日だったのではないでしょうか。

そっと近付くと、張り裂けんばかりに黄色い嘴を開け、「ギャー、ギャー」と威嚇していましたが、怪我をしている様子ではありませんでした。

夫がそっと捕まえて、安全な雑草の中に置いてあげましたが、
5分後ぐらいには羽も乾き、15分後ぐらいにはもう姿も見えませんでした。

きっと、どうにか飛び立つことが出来た様です。

それにしても「嘴が黄色い」とは、本当に巧みな表現だと感心させらました。黄色い嘴を大きく開け、私達に抗議する雛に、「人間で言えば何歳ぐらいだろう」と、思わず頬が緩んだ瞬間でした。







飛ぼうとしているが、羽が湿って思うように行かない様子

しばらくすると、姿勢もきちんと準備できていた

2014年4月27日日曜日

野いちごが今年も


イガイガの雑草を取り除いていると、いきなり真っ赤な野いちごが
顔を出しました!
自然の鮮やかな色は、辺りを清める光をも、放っているかのようでした。
庭の隅にあるのですが、辺り一面にまだ青い実がたくさんあります。
自然からの贈り物として、有り難くいただきました。
「あま~い」と、感動するような美味しさでした。(´∀`)


リラックスタイム


川に、畑に、庭に、春の風が心地よく吹き渡る日曜日の午後のひととき。
こんな日は、お庭でリラックスタイム・・・これに勝るものはありません。

銀木犀の老木からの癒しと生命力がジンワりと伝わって来る、そんなひと時です。

新緑に囲まれて


             ニュースは相変わらず 悲喜交々